メニュー

自由診療

自費診療

自費診療とは

公的な医療保険制度を用いない診療のことを言います。検査や治療にかかる費用はすべて患者負担(10割負担)となります。しかし、保険が適用されないというだけで、高額な医療というわけではありません。
医療保険制度が適用されないことで、制限がなくなり、お一人お一人にあったカスタマイズされた医療サービスを受けることができます。

自費診療となる検査・治療(当院において)

  • 予防接種
  • 健康診断・人間ドック
  • 診断書・証明書など
  • 点滴注射

*上記についてはすべての医療機関において自費診療となります。それぞれの医療機関で、価格や内容に違いがあります。

診断書・証明書など

*価格はすべて税別です。

診断書(当院書式に限る) 2,000円/通
保険会社提出用 5,000円/通
臨床調査個人票(指定難病) 3,000円/通
その他 10,000円/通

 

点滴・注射治療(*完全予約制 事前にWebでの予約をお願いいたします)

*いずれの点滴・注射も初回は事前診察が必要です。

メニュー・価格は、予告なく変更する場合や取り扱いを中止する場合がございますので、予めご了承ください

事前診察 1000円(税込)

プラセンタ

1本 1000円(税込)
2本 1500円(税込)
プラセンタ注射とは

プラセンタとは胎盤(たいばん)の事で、様々なホルモンを分泌し胎児を発育させる神秘的な組織です。
胎盤には細胞や組織を発育させ、活性化させる成長因子などのタンパク質やアミノ酸、核酸、ビタミンや未だ科学的に解明されていない物質が詰まっています。

当院で使用する医療用プラセンタについては、厚生労働省の許可を受けたヒト胎盤エキスです。プラセンタエキスの注射によって細胞分裂速度が速まり、全身の組織、臓器、肌を若返らせると言われています。

「メルスモン」と「ラエンネック」の2つの製剤が厚生労働省で医薬品として認可されています。いずれも日本国内の産婦人科で健康な母親から正常分娩で生まれた胎盤を使用して作られたものです。

期待できる効果
  • 慢性疲労
  • 肩こり、腰痛、ひざなどの関節痛
  • スポーツ後の筋肉痛や筋肉疲労
  • 乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎
  • 冷え性、生理不順、生理痛
  • 更年期障害の症状
  • シミ、くすみ、肌荒れ(予防美白効果)
  • 自律神経失調症、拒食症、不眠症
  • 肝機能障害
  • 花粉症などのアレルギー

*効果の感じ方には個人差があります

副作用

主な副作用は、注射部位の内出血、疼痛、発疹、熱感、掻痒感、硬結です。

内出血はどのような注射においても起こり得る副作用の一つです。起こった場合も、10日程度で自然と治癒します。

硬結は1~2日で消失します。しかし、同じ部位に繰り返し注射をすると、稀に硬結が残存することがあります。当院では、毎回部位を変更して注射をし、硬結の残存を予防しています。

その他に、頭痛、閉経後の生理、軽微な生理不順や不正性器出血、女性化乳房、眠気、だるさ、体重増加が報告されています。頭痛はラエンネックで報告されていますので、気になる方はメルスモンへ変更することをおすすめします。眠気やだるさは自律神経の興奮を抑える作用のために起こりますが、通常1日で取れます。眠気を感じた際は、車、バイク、自転車などの乗り物の運転は控えてください。体重増加は、プラセンタが消化吸収を促進する作用があるためと言われていますが、極端に増えることはありません。
いずれの薬剤もアレルギー症状を発症される方がいらっしゃいます。同薬品についても、他の薬剤を比較し特別頻度が高いということはありません。

プラセンタ注射の推奨量と頻度

最初の1ヵ月  週に2回  2本/回
その後 週に1回  2本/回

 

にんにく注射

2000円/回(税込)

ニンニク注射とは

ニンニク注射には、「にんにくの成分が入っている」わけではありません。
注射の際に、「ニンニク」のような匂いがすることから名付けられた俗称です(臭いはすぐに消えます)。
ニンニク注射の主な成分は、「ニンニク」にも含まれる「アリナミン」というビタミンB1誘導体です。ビタミンB1誘導体は、エネルギー代謝を促進し、疲労物質である乳酸を分離することで疲労回復に寄与します。

期待できる効果
  • 筋肉疲労の改善
  • 二日酔いからの回復
  • 風邪からの早期回復
  • 食欲増強
  • 免疫力の向上
  • 肩こり・筋肉痛の改善
  • 神経痛の改善
  • 胃腸の働きや肝機能の改善
  • 肌荒れの改善
  • 糖質などの代謝を亢進・改善
  • 乳酸の蓄積を防ぐ
  • 血行を改善し、新陳代謝を向上

*効果の感じ方には個人差があります

副作用

主な副作用は、注射部位の内出血、疼痛、発疹、熱感、掻痒感、硬結です。

内出血はどのような注射においても起こり得る副作用の一つです。起こった場合も、10日程度で自然と治癒します。

硬結は1~2日で消失します。しかし、同じ部位に繰り返し注射をすると、稀に硬結が残存することがあります。当院では、毎回部位を変更して注射をし、硬結の残存を予防しています。

いずれの薬剤もアレルギー症状を発症される方がいらっしゃいます。同薬品についても、他の薬剤を比較し特別頻度が高いということはありません。

注射中に、「ニンニク」の臭いを感じる方もいらっしゃいますが、ビタミンB1に含まれる硫黄が原因です。臭いはすぐに消えますし、揮発性成分ではないので、口臭がすることはありません。

ニンニク注射の推奨頻度

最初の1ヵ月  週に2回
その後 週に1回
*明確な決まりはありません。

 

白玉点滴(グルタチオン600mg)

4500円/回(税込)

*グルタチオン 200mg追加ごとに1000円追加

白玉点滴とは

白玉点滴の主成分は「グルタチオン」です。

グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸からなるトリペプチドです。


ヒトでは、全身のほとんどの細胞に高濃度に含まれており、薬物などの解毒に関わっています。抗酸化作用としても必須物質であり、体内で生じた過酸化水素や脂質過酸化物の還元・無毒化に重要な役割を果たしています。また、生体内の抗酸化物質であるビタミンC, Eの酸化を還元し、抗酸化作用をリサイクルしています。
これらの作用によって、大きく「お肌の悩み」と「肝機能」にたいして効果が期待できます。

期待できる効果
  • 美白
  • 美白
  • アレルギー疾患の改善
  • 黒色メラニンの抑制
  • 二日酔いからの回復
  • 免疫力の向上
  • 不眠の改善
  • 慢性疲労の改善
  • 肝機能の改善
  • 肌荒れの改善

*効果の感じ方には個人差があります

副作用

主な副作用は、注射部位の内出血、疼痛、発疹、熱感、掻痒感、硬結です。

内出血はどのような注射においても起こり得る副作用の一つです。起こった場合も、10日程度で自然と治癒します。

硬結は1~2日で消失します。しかし、同じ部位に繰り返し注射をすると、稀に硬結が残存することがあります。当院では、毎回部位を変更して注射をし、硬結の残存を予防しています。

いずれの薬剤もアレルギー症状を発症される方がいらっしゃいます。同薬品についても、他の薬剤を比較し特別頻度が高いということはありません。

 

白玉点滴の推奨頻度

最初の3ヵ月  週に1回
その後 月21回程度
*明確な決まりはありません。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
(診察・検査)
12:00~15:00
(内視鏡検査優先)
15:00~17:30
(診察・検査)
*当院では小学生以下(11歳以下)の方の診療は行っておりません。
【受付時間】
午前受付 8:45~12:00/午後受付 14:00~17:15
*土曜日の受付は 8:45~14:45
【オンライン診療】
月~金 14:00~19:00
*大腸内視鏡事前診察、再診のみ

休診日 日曜・祝日

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME