メニュー

院長紹介

院長 岩﨑 智仁

私は熊本県八代郡で生まれました。

何度か転居しましたが、幼稚園以降はクリニック近隣の熊本市南西部で過ごしてまいりました。

小学生の頃は水泳部に所属し、全身真っ黒に日焼けしていました。小学4年生の時には、授業で聞いたフルートの音色に一目惚れし、1年かけて両親に頼み込み習わせてもらえるようになりました。その後は暇さえあればフルートに触れるといった日々で、その甲斐もあって中学・高校時代には多くのコンクールで受賞(熊日学生音楽コンクール熊日大賞、全日本学生音楽コンクール全国大会入賞など)することができ、色々な場で演奏する機会も頂きました。

高校に進学した頃から「将来は困っている人の助けとなれるような職業に就きたい」と思うようになりました。そのような中、両親の勧めもあり「医師」を志すようになりました。しかし、高校3年間は学校行事とフルートに没頭しすぎてしまい、現役生での合格はおろか、3年の浪人を重ねても医学部に合格することはできませんでした。医師への道は諦め、早稲田大学教育学部に進学することにしました。

卒業後は、「地域の安全・安心に貢献できる」こと、49歳で他界した父が警察官であったこともあり警視庁に入庁しました。警察学校では、良い教官や仲間に恵まれ、厳しいながらも充実した日々をおくることができました。そのような中、捜査実習で深夜の病院を訪問する機会があり、母親の膝の上に顔をうずめ苦しそうに咳込む子どもが何時間も待たされている姿を目の当たりにしました。その瞬間、「やっぱり医者になろう!」と決意しました。その1週間後には退職し、再び浪人生活を始めました。半年間の猛勉強の末、熊本大学医学部医学科に合格することができました。

在学中は、野球サークルを立ち上げ投手としてプレーする傍ら、高校卒業以降やめていたフルートも再開しました。フルートでは熊本県新人演奏会にも出場する機会を頂きました。

医学部卒業後は熊本市民病院で初期研修を行いました。最初の研修科目であった消化器内科で、内視鏡診断の奥深さ・内視鏡治療の大きな可能性に感銘を受け、同科を専攻することにしました。その後は、熊本市民病院、済生会熊本病院などの基幹病院で消化器内科医として研鑽を積んでまいりました。基幹病院では進行した病状の方、特に「進行がん」の方が多く、「もう少し早く受診していただき、診断・治療ができていたならば・・・」と、悔しい思いをすることが多々ありました。

そこで、病状が進行する前、もしくは、それ以前の未病の段階で医療的介入ができないかと思うようになり、その実現のために開業を決意いたしました。

今後は、地域の皆様が健康や病気について気軽に相談・受診できる「クリニック」を創りあげてまいります。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
(診察・検査)
12:00~15:00
(内視鏡検査優先)
15:00~17:30
(診察・検査)
*当院では小学生以下(11歳以下)の方の診療は行っておりません。
【受付時間】
午前受付 8:45~12:00/午後受付 14:00~17:15
*土曜日の受付は 8:45~14:45
【オンライン診療】
月~金 14:00~19:00
*大腸内視鏡事前診察、再診のみ

休診日 日曜・祝日

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME